スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第19回日本精神医学史学会 大会長挨拶 

ご挨拶

第19回日本精神医学史学会は新宿、都庁のすぐそばで開催されます。大会を運営するにあたって、会場費をできるだけ安くできないかということと、一つの会場ですべての演題を聴けるようにしたいと考えました。「歴史」という言葉のイメージとはおよそかけ離れた高層ビルのワンフロアですが、そのような趣旨でアレンジしました。この学会は精神医療関係者だけでなく、歴史学・社会学をはじめとする様々な学問分野の方々が集う珍しい学会です。歴史は、それをどのように語るのかで、様々な解釈があるはずです。立場が違えば、見えてくるものもまた違う。分野の違う方々の様々な発表から、みなさんそれぞれが、新たな視点を学びとっていただけたらと思っています。

メイン・シンポジウム「聖なるもの」は、濱田秀伯理事長からのご提案で、今後の学会の方向性を広げてゆく一つの試みとして企画しました。鈴木晃仁先生からは、シンポジウム「戦争と精神医学」を企画していただきました。こちらは、この学会ならではのテーマです。特別講演は、松下正明先生にお願いしました。テーマは先生にお任せしましたが、ウェルニッケを取り上げていただくことになりました。現代精神医学が脳科学へと大きく舵を切り始めている中で、ウェルニッケ再評価という展開もあるのかもしれません。「ウェルニッケとその弟子たち―多彩な精神医学的認識の源流」もたいへん楽しみであります。

大会長として非常に嬉しかったことは、たくさんの一般演題が集まったことです。初めてこの学会で発表される方、久しぶりに登壇される方もいらっしゃいます。一つの演題が20分ですが、かなりタイトなスケジュールとなりました。みなさんのご発表時間を確保することを優先させていただきました都合で、会長講演は割愛させていただきました。懇親会も同じフロアで開催します。高層ビルから見る都心の夜景も楽しめますので、ぜひご参加ください。

第19回 日本精神医学史学会
大会長 古茶大樹

第19回日本精神医学史学会の一般演題募集締切の延長 

第19回日本精神医学史学会・学術集会の一般演題募集締切を、8月31日から9月24日に延長することなりました。
多数の演題をお待ちしています。

オンライン『精神医学史研究』 

本学会の学会誌『精神医学史研究』に掲載されたすべての論文を、メディカルオンラインでご覧にいただけることになりました。
ぜひご活用ください。

『精神医学史研究』 Vol.19 no.1 (2015)  

2015年6月に発行された、『精神医学史研究』 Vol.19 no.1(2015) の目次をお知らせします。 

タイトル 執筆者 頁

巻頭言

ウリの怒り  多賀 茂 3

第18回日本精神医学史学会

会長講演
 精神医学の歴史における精神分析
  ―働き続ける痕跡として―   新宮一成 5

特別対談 
 精神医学史研究への誘い
  ―研究の使命と悦びを新世代に伝える―  岡田靖雄松下正明 11

シンポジウム 精神医学にとって歴史とは何か? 
 冷戦期における「構造」の生成
  ―レヴィ=ストロースの探求―  渡辺公三 17
 精神医療にとって歴史とは何か?  中村 治 22
 101年目のヤスパース(歴史編):
  了解概念は消滅したのか?  熊﨑 努 27

 第18回日本精神医学史学会印象記  古茶大樹 32

学会ニュース

第18回日本精神医学史学会総会報告 33
第19回日本精神医学史学会・開催にあたって/開催のお知らせ 34
第19回日本精神医学史学会・一般演題の募集について 35

第19回日本精神医学史学会 一般演題の募集について 

演題発表を希望される方は,下記の要領で発表要旨および必要書類をお送りください.
なお,発表要旨原稿は,テンプレート(MSWordファイル)をダウンロードしてご活用ください.(ダウンロードは、こちらから.表示されたURLをクリックしてお進みください.)

発表要旨
 1.A4 用紙1 枚に,MS-Word で下記内容を明記し印刷してください.
 2.演題名,発表者名(共同発表の場合は発表者の前に〇印をつける),所属名(共同発表の場合,所属が異なる場合には,発表者名の後に数字を振り,それぞれの所属を記載する)の順にお書きください.
 3.発表要旨本文は,10.5 ポイント,全角800 文字以内におまとめください.
 4.一般演題の発表時間は,口演20 分,質疑応答5 分の合計25 分を予定しております.

申込方法
 1.発表要旨原稿(プリントアウトしたもの)
 2.本誌(『精神医学史研究』vol.19 no.1)に綴じ込みの演題申込書,演題応募受領書,受理通知書に必要事項をご記入のうえ,必ず52 円切手をお貼りください.
 3.1 および2 をまとめて大会事務局(下記宛先)まで郵送してください.
 4.これとは別に、発表要旨原稿のデータは,MS-Word の添付文書にして,第19 回大会事務局宛(historyofpsychiatry2015@gmail.com)にE-mail でもお送りください.(従来どおり上記発表要旨原稿のデータを書き込んだCD-ROM をWindows で開けるようにして,上記1.2.と同封して送付していただいても結構です).

締切
 2015 年8 月31 日(金)

宛先
 第19 回精神医学史学会大会事務局
 〒160-8582 東京都新宿区信濃町35
 慶應義塾大学医学部精神・神経科
 Tel:03-5363-3829(精神・神経科直通) Fax:03-5379-0187
 E-mail:historyofpsychiatry2015@gmail.com
 古茶大樹・滝上紘之

採否
 一般演題の採否,発表の日時はプログラム委員会で決定します。
 抄録集の統一をはかるために,要旨原稿の余白,活字等の体裁を整える場合があります,あらかじめご了承ください.

その他
 発表者,共同演者ともに本学会の会員に限られます.入会ご希望の方は,学会事務局へお申し込みください.
 日本精神医学史学会事務局
 〒111-0054 東京都台東区鳥越2-13-8
 Tel:03-5809-1933 Fax:03-5820-1898 E-mail:k-abe@lifemedicom.co.jp
 ホームページURL:http://jshp.blog20.fc2.com/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。