スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『精神医学史研究』 Vol.18 no.2 (2014)  

2014年10月に発行された、『精神医学史研究』 Vol.18 no.2 (2014) の目次をお知らせします。 

タイトル 執筆者 頁

巻頭言

現代精神医学のターニングポイント  古茶大樹 85

原著論文

古澤平作の学位論文「精神乖離症性幻視ニ就イテ」(昭和8年) 生田 孝 88
明治初期の精神障害者処遇の形成過程に関する一考察 板原和子 103
戦争末期及び敗戦直後における一公立精神病院入院患者の死亡について 小池清廉 113

多職種からみた精神医学史

精神医学ソーシャルワーカーからみた精神医学史 宇都宮みのり 119

連載 精神医学とミュージアム

西欧における精神医学博物館とその役割②    橋本 明 127

書評

鈴木國文著 『同時代の精神病理―ポリフォニーとしてのモダンをどう生きるか』 江口重幸 135
近藤祐著 『脳病院をめぐる人びと』 中村 治 136

学会ニュース

第18回日本精神医学史学会開催にあたって 138
第18回日本精神医学史学会参加のご案内 139

『精神医学史研究』 Vol.18 no.1 (2014)  

2014年6月に発行された、『精神医学史研究』 Vol.18 no.1(2014) の目次をお知らせします。 

タイトル 執筆者 頁

巻頭言

歴史は、必ず歪んで伝えられる.
だから、歴史の「勉強」は面白い.  小峯和茂 3

第17回日本精神医学史学会

会長講演
 森田療法の成立に先立った「祈祷性精神症」の
  精神医学史的研究の意義   中山和彦 5

特別講演Ⅰ 
 森田正馬が視た!根岸病院における精神科看護の実態  芳賀佐和子 14

特別講演Ⅱ
 カールバウムが視た!けいれんする生命  渡辺哲夫 19

シンポジウム1 
森田正馬が視た!精神看護
       ―看護者は精神障害者にどのように接してきたか

 精神看護の患者管理に関する変遷:
  他者による患者管理から患者の自己管理へ  日下修一 25
 日本の精神科看護萌芽期―看護学書の検討を中心に―  鷹野朋実 28
 岩手県の精神科病院開設と看護人による看護の変遷  田辺有理子 34

シンポジウム2
カールバウムが視た!生命の恍惚
 沖縄文化に視るカミダーリの本態  小林幹穂 39
 非定型精神病とはなにか―アイヌのイムからの考察  大月康義 43
 文化の中の catatonic features  小林聡幸 48

シンポジウム3
精神医学史における「自律と連続」の融合
 急性精神病の系譜―急性錯乱から霊的精神力動論へ―  濱田秀伯 53
 フロイト=ラカンと非定型精神病  松本卓也 58
 文化と非定型精神病―祈祷性精神病の生態学的ニッチ―  大塚公一郎 65

 第17回日本精神医学史学会印象記  新宮一成 72

学会ニュース

第17回日本精神医学史学会総会報告 74
第18回日本精神医学史学会・開催にあたって/開催のお知らせ 76
第18回日本精神医学史学会・一般演題の募集について 78

『精神医学史研究』 Vol.17 no.2 (2013) 

2013年10月に発行された、『精神医学史研究』 Vol.17 no.2(2013) の目次をお知らせします。 

タイトル 執筆者 頁

巻頭言

ワトソンとスキャンダルと歴史    高砂美樹 59

原著論文

「もじゃもじゃペーター」の作者である
    精神科医ハンリッヒ・ホフマンについて  生田 孝・松田真理子 61 
養生所から保養所へ ―健康観の変化と保養所の戦略―    中村 治 74

特別寄稿

(独)国立精神・神経医療研究センターにおける歴史資料館開設計画
  ―傷痍軍人武蔵療養所から未来にむけて―   後藤基行、他 81

多職種からみた精神医学史

精神科医療における看護の歩み 
  ―近代アメリカ合衆国の精神科看護―    鷹野朋実 89

連載 精神医学とミュージアム

西欧における精神医学ミュージアムとその役割①    橋本 明 96

書評

金川英雄訳・解説、呉秀三・樫田五郎『精神病者私宅監置の実況』    岡田靖雄 105
風野春樹著『島田清次郎 誰にも愛されなかった男』    鈴木晃仁 106
中村治著『洛北岩倉と精神医療:
      精神病患者家族的看護の伝統の形成と消失』   橋本 明 108

学会ニュース

第17回日本精神医学史学会開催にあたって 110
第17回日本精神医学史学会参加のご案内 111

『精神医学史研究』 Vol.17 no.1 (2013)  

2013年6月に発行された、『精神医学史研究』 Vol.17 no.1(2013) の目次をお知らせします。 

タイトル 執筆者 頁

巻頭言

意識の発見  北垣 徹 3

第16回日本精神医学史学会

シンポジウム1 ピエール・ジャネの思想 ― その現代的意義 
 特別講演:ピエール・ジャネ Pierre Janet の思想について  松本雅彦 5
 哲学のなかの精神医学 ― Janet の思想の場所  北垣 徹 11
 心理的窮乏 ― Janet の精神療法の射程をめぐって  上尾真道 16

シンポジウム2 ラ・ボルド再考 ― 精神医療の現状と無意識への配慮
 会長講演:無意識への配慮 ― フーコー、ウリ、スコット ―  多賀 茂 22
 フランスの精神医療の変化の特性とラ・ボルド病院  三脇康生 29
 「社会」から「人間」へ ― イタリアの精神医療改革が問うたもの ―  松嶋 健 36
 精神科医療施設から地域へ、地域から精神科医療施設へ
  ― 精神科救急(日本)と途上国精神保健(カンボジア)の現場より ―  吉田尚史 42

第16回日本精神医学史学会印象記  中山和彦 47

学会ニュース

第16回日本精神医学史学会総会報告 48
第17回日本精神医学史学会開催のお知らせ 50
第17回日本精神医学史学会一般演題の募集について 52

『精神医学史研究』 Vol.16 no.2 (2012)  

2012年10月に発行された、『精神医学史研究』 Vol.16 no.2(2012) の目次をお知らせします。 

タイトル 執筆者 頁

巻頭言

精神医学史からみた人間学  濱田秀伯 93

原著論文

京都癲狂院設立目的再考  中村 治 95 
精神病者監護法案審議過程における「民法の不備」論の検証   宇都宮みのり 103
佐藤春夫「更生記」における精神分析と精神医学   新田 篤 115
戦前期日本における精神病者の公的監置
  ―精神病者監護法下の患者処遇―    後藤基行 126

学会ニュース

第16回精神医学史学会開催のお知らせ 134
第17回精神医学史学会開催のお知らせ 136

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。