『精神医学史研究』 Vol.15 no.1, 2 (2011)  

2011年10月に発行された、『精神医学史研究』 Vol.15 no.1, 2 (2011) の目次をお知らせします。 

タイトル 執筆者 頁

巻頭言

なぜ精神医学領域では歴史研究がアクチュアルな効果をもつのか  鈴木國文 3

第14回精神医学史学会

会長講演
大正期前後の神経衰弱理論と精神分析理論
 ―森田理論に注目して―             加藤 敏 5


特別講演
死と終末期にどう向き合うか  カール・ベッカー 18

シンポジウム1 「日本の精神病院、精神科治療」 
 京都癲狂院と岩倉  中村 治 29
 東京高尾山民間施設と明治大正昭和の精神医療戦略  金川英雄 34
 府立松澤病院の夢  松下正明 39
 爽神堂七山病院四百年  鈴木英鷹 44

シンポジウム2 「日本で創出された臨床単位 時代背景と今日」 
 憑依・祈祷性精神症(病)・非定型精神病の系譜
  ―カタトニアの世界へ―  中山和彦、小野和哉 49
 対人恐怖の概念の変遷
  ―「実感」に惑わされた歴史―  橋 徹 57
 思春期妄想症 Adolescent Paranoia
  ―その臨床的位置づけ―  村上靖彦 62
 イムの本態と歴史的変遷について  大月康義 67

原著論文

精神医療専門職の再検討
 ―20世紀初頭イングランドにおける精神科医の職業構造を中心に―  
                                 高林陽展 72
松沢病院とアルト・シェルビッツ
 ―日独の精神病院プロジェクトの比較研究―  橋本 明 81
南満医学堂・満州医科大学における精神医学  風祭 元 96
「消耗抑うつ」再考
 ―Kielholzにみる抑うつ状態の分類の変遷―  熊 努、大前 晋 105
フランスの精神病研究におけるベルクソンの哲学
 ―セグラからラカンへ―  松本卓也、加藤 敏 113
「精神障害」考
 ―日本におけるその表記および用法に関して―  原田憲一 124

連載
多職種からみた精神医学史―②


作業療法からみた精神医学史  毛利将平 132


第14回精神医学史学会印象記  橋本 明 140

学会ニュース

第14回精神医学史学会総会報告 142
第15回精神医学史学会開催のお知らせ 144