第4回精神医学史学会 (2000年10月) 

第4回精神医学史学会

会期:2000年10月28,29日
場所:つくば国際会議場

演題一覧

座長 酒井明夫(岩手医科大学)
1-1 Geel研究(その2)―聖ディンプナ伝と巡礼について―
    橋本 明(愛知県立大学文学部)
1-2 「愚かさ」と「狂気」古代ギリシアにおけるα"νοια anoiaについて
    星 克仁,酒井明夫,黒澤美枝,大塚耕太郎,武内克也,中山秀紀,奥山 雄,
    太田 聡(岩手医科大学神経精神科)
1-3 シャーマニズムとシンクレティズム(中央ユーラシアの場合)
    金川英雄((財)東京武蔵野病院,聖母女子短期大学)

座長 昼田源四郎(福島大学教育学部)
1-4 江戸時代後期の精神障害者の処遇について(5)
    ―当時の医師層の精神障害の認識について―
    桑原治雄(大阪府立大学社会福祉学部)
    板原和子(大阪府立大学大学院博士後期課程)
1-5 江戸時代後期の精神障害者の処遇と非人制度
    板原和子(大阪府立大学大学院博士後期課程)
    桑原治雄(大阪府立大学社会福祉学部)

座長 酒井シヅ(順天堂大学医学部)
1-6 洛北岩倉における精神病患者家族的看護の実態と、家族的看護を可能にしたもの
    中村 治(大阪府立大学総合科学部)
1-7 七山病院の401年
    本多秀治¹,本多義治¹,内 茂²,鈴木英鷹²
    1)七山病院 2)大阪体育大学短期大学部保健福祉学科
1-8 七山浄見寺爽神堂における薬物療法(第1報)
    鈴木英鷹¹,本多秀治²,本多義治²,内 茂¹
    1)大阪体育大学短期大学部保健福祉学科 2)七山病院
 
座長 松下正明(東京精神医学総合研究所)
1-9 1870年代東京府病院精神病室の存在について―精神障害者の実態から― 
    綾部優子(群馬県立医療短期大学)
1-10 相馬事件を再考して
    ―「精神病者監護法」成立のきっかけとなった問題についての考察―
    上野仁美(青雲会北野台病院) 
1-11 呉秀三の臺湾くれちにすむ調査―臺湾公衆衛生への一寄与― 
    風祭 元(東京都立松沢病院)
 
座長 富永茂樹(京都大学人文科学研究所)
2-1 19世紀ロンドンにおける患者の家族と精神医療
    鈴木晃仁(慶應義塾大学経済学部) 
2-2 Pinelの作業療法―作業療法士の視点からの考察― 
    田端幸枝(広島県立保健福祉大学)
 
座長 大東祥孝(京都大学留学生センター)
2-3 J.C.A.ハインロートの「心の生涯といわれるものの真の本質は悪というものだ」
   ということの意味について
    茂田 優(武蔵野中央病院) 
2-4 幻覚の記述的精神病理学史
    ―B. de Sauvage (1731-1763)とW. Cullen (1765-1785)
    濱中淑彦(大勇会看護老健施設アウン)
 
座長 新宮一成(京都大学大学院人間環境学研究科)
2-5 ニューイングランドと力動精神医学
    江口重幸(東京武蔵野病院)
2-6 ダリからラカンへ――精神分析史の展開
    野嵜 理(社団法人岐阜病院)
    林 美朗(岐阜大学医学部精神科)
    鈴木國文(名古屋大学医学部保健学科)