『精神医学史研究』 Vol.14 no.2(2010)  

2010年10月に発行された、『精神医学史研究』 Vol.14 no.2 (2010) の内容をお知らせします。 

タイトル 執筆者 頁

巻頭言

正常と異常、生と死の境界線を考える カール・ベッカー 69  

原著論文

ヤスパースの思索の態度とその目指すもの
―方法論的態度と開かれた地平 岡田 聡 72

性倒錯の分類におさまらなかったもの
―Freudの「性理論のための3篇」の周辺の臨床家たちの問題意識を通して 古橋 忠晃 80

京都岩倉における精神病者受け入れと精神医療行政 中村 治 89

古代インド仏典における精神障害の症状論と病因論 小池 清廉 96

太平洋戦争終結以前の朝鮮半島の精神医学 風祭 元 105

歴史随筆

F.H. レヴィー (1885-1950) の神経学研究所の設立をめぐって
―K.L. ボーンヘッファー (1868-1948) との確執:神経(精神)医学史断章
                             池村 義明 116

連載

多職種からみた精神医療史―①
精神医学史の周辺としての臨床心理学史 高砂 美樹 124

学会ニュース

第14回精神医学史学会開催のお知らせ 131
第15回精神医学史学会開催のお知らせ 132