スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『精神医学史研究』 Vol.9 no.1(2005) 

『精神医学史研究』
Vol.9 no.1 目次 執筆者 頁

巻頭言
 子規と歴史的想像力 江口 重幸

第8回精神医学史学会
 教育講演 
  精神医学史における福澤諭吉 山内 慶太 7
 特別講演
  力動的局在論の系譜;ロシア学派の立場 鹿島 晴雄 13
 特別講演
  Duchenne de Boulogne;神経病学の海賊 Pierre Rondot 翻訳:田中 寛郷 21 
 シンポジウム
  「精神科治療理念の史的展望」 
  序説 中谷 陽二 27
  「ヒポクラテス集成」における狂気治療について 酒井 明夫 28
  精神療法とその治療理念のクロノロジー 江口 重幸 34
  摂食障害の治療理念 西園 マーハ 文 43
  クロールプロマジンと精神科の治療理念 八木 剛平 49
 演題抄録 56
 第8回精神医学史学会印象記 内 茂 65 

原著論文
 Geel見学者とドイツの精神医療政策 橋本  明 67

学会ニュース 79

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。