スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『精神医学史研究』 Vol.6 no.1(2002) 

『精神医学史研究』
Vol.6 no.1 目次 執筆者 頁

巻頭言  歴史研究と時代的背景 風祭  元  7

第5回精神医学史学会 
 特別講演 
  「病とはなにか」という歴史哲学
  ―医師,イデオローグ,博物学者としてのピネル ポール・デュムシェル  9
  シンポジウム
  「脳と精神」の医学史―精神医学の将来
  序説 大東 祥孝  11
   臨床神経学の立場から 古川 哲雄  14
   精神神経学の立場から 田邉 敬貴  19
   精神症候学の立場から 濱田 秀伯  24
   心的因果性概念にみる近代 鈴木 國文  28
   シンポジウムを終えて―個人的回想記ふうに 松本 雅彦  34
 演題抄録    37
 第5回精神医学史学会印象記  影山 任佐  49

原著論文
 「愚かさ」と「狂気」―古代ギリシアにおけるα"νοια anoiaについて 星  克仁  52
  七山浄見寺爽神堂および七山病院の歴史 鈴木 英鷹  61
  洛北岩倉と精神病患者の家族的看護 中村  治  71

連載 第4回 20世紀精神医学の光と影
 心身二元論の相克を超えて(その1) 自己内包性の精神史 新宮 一成  79

学会ニュース     91 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。