『精神医学史研究』 Vol.5 no.2(2001) 

『精神医学史研究』
Vol.5 no.2 目次 執筆者 頁

巻頭言 差異と連続――女性の精神医学史に向けて 酒井 明夫

原著論文
 日本古代における狂気と精神病――異本病草紙にも言及して 林  美朗 9
 Geelの精神医療史――伝承と巡礼について 橋本  明 19
 呉秀三の台湾クレチニスム調査――台湾の現代公衆衛生への寄与 風祭  元 29

海外文献紹介 Alain Ehrenberg:La fatigue d'être soi 北垣  徹 59

書評 
 Elizabeth Lunbeck:
 The Psychiatric Persuasion Jack D. Pressman:Last Resort 
 鈴木 晃仁 63

連載 第3回 20世紀精神医学の光と影
 「E.Kraepelinと20世紀の精神医学」(その2)
 Kraepelin学説の歴史的意義および現代的課題―近代と現代精神医学の分岐
 影山 任佐 36

学会ニュース 66