『精神医学史研究』 Vol.5 no.1(2001)  

『精神医学史研究』
Vol.5 no.1 目次 執筆者 頁

巻頭言 精神医学史を学ぶ4つの愉しみ 原田 憲一

第4回精神医学史学会
 会長講演
   「精神病者監護法はなぜ制定されたか」 中谷 陽二 7
 特別講演 
  「エミール・クレペリンとその時代―精神医学史的/今日的視点から」
  パウル・ホフ 13
 シンポジウム「精神医学史から見たトラウマ」 
  シンポジウム「精神医学史から見たトラウマ」を終えて 濱田 秀伯,古川 哲雄 19
  Oppenheim, Hの外傷性神経症―その起源と行方 森山 成あきら 20
  Pierre Janetの解離概念 高橋  徹 28
  外傷後ストレス障害―DSM-Ⅲ以降の歴史的展開について 梅末 正裕 31
 演題抄録 39
 第4回精神医学史学会印象記 大東 祥孝 49 

連載 第2回 20世紀精神医学の光と影
 「E. Kraepelinと20世紀の精神医学」(その1)
 Kraepelin学説の歴史的意義および現代的課題―近代と現代精神医学の分岐
 影山 任佐 51 

学会ニュース 72