スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回精神医学史学会 (2007年10月) 

第11回精神医学史学会

会期:2007年10月27,28日
場所:東京武蔵野病院E館大会議室

演題一覧

座長 下地明友(熊本学園大学社会福祉学研究科)
A-1 戦後廃院となった東京の私立精神科病院
    金川英雄(東京武蔵野病院・東京家政大学),
    橋本 明(愛知県立大学), 中村 治(大阪府立大学),
    兵頭晶子(東京大学・日本学術振興会特別研究員(PD)), 
    堀みゆき(帝京平成大学・東都リハビリテーション学院)
A-2 衛戌病院精神病室の果した役割
    金川英雄(東京武蔵野病院・東京家政大学)
    堀みゆき(帝京平成大学・東都リハビリテーション学院)
A-3 1893(明治26)年当時の衛戌病院癲狂室の構造や病床数について
    近藤 等(医療法人朋心会旭山病院)

座長 中谷陽二(筑波大学大学院人間総合科学研究科)
B-1 精神病者監護法下における監置患者の暮らしと地域社会
    ―水内湯ノ山冷泉と監置患者の暮らし
    田端幸枝(県立広島大学),橋本 明(愛知県立大学)
B-2 精神病者監護法以前の国と地方の法制度
    野田武志(NPO法人大分県近現代資料調査センター)
B-3 江戸前・中期における「亂氣之者」の法的処遇に関する考察
    ―御仕置裁許帳における触法精神障害者の判例を通じて
    岩崎大輔,新福尚隆(西南学院大学大学院)

座長 鈴木國文(名古屋大学医学部保健学科)
C-1 江戸時代の女性旅日記にみる進行麻痺の蔓延
    堀みゆき(帝京平成大学・東都リハビリテーション学院)
C-2 天平時代の精神医学(藤原宮子の憂鬱)
    鈴木英鷹(大阪川リハビリテーション大学),
    本多義治,本多秀治(医療法人爽神堂・七山病院)
C-3 洛北岩倉における精神病者の処遇
    中村 治(大阪府立大学人間社会学部)

座長 兼本浩祐(愛知医科大学精神神経科)
D-1 メランコリー型性格の普遍性と時代規定性
    大前 晋(虎の門病院分院)
D-2 日本における文化精神医学ならびに医療人類学のさきがけとしての
    田村幸雄による満州医科大学精神神経科教室における業績について
    大月康義(大月クリニック)
D-3 国家医学と司法精神医学:①国政医学と国家医学―江口襄の論説の分析
    影山任佐(東京工業大学大学院人間環境システム専攻・保健管理センター)
D-4 鹽入圓祐・岩佐金次郎による空襲生活調査
    岡田靖雄(精神科医療史研究会)

座長 内海 健(帝京大学医学部精神神経科学教室)
E-1 J.Guislain の精神療法について
    小泉 明(横浜舞岡病院)
E-2 Biometrics と DSMs―Zubin J と Spitzer RL
    迎  豊(緑ヶ丘病院)
E-3 Medow の硬直性退行期抑うつ(1921)について
    古茶大樹(独立行政法人国立病院機構東京医療センター)
    濱田秀伯(慶應義塾大学医学部精神神経科学教室)

座長 大東祥孝(京都大学国際交流センター)
F-1 ピネルとイデオロジー―人間科学と狂気
    上尾真道(名古屋芸術大学)
F-2 アンシャンレジーム期のサルペトリエール病院
    ―旧制度下の巨大収容施設の社会的役割とその変遷
    内 茂(東加古川病院)
F-3 欧州司法精神医学史:フランス編③
    ―「法医学的精神医学」と「公衆衛生学的精神医学」
    影山任佐(東京工業大学大学院人間環境システム専攻・保健管理センター)

座長 鈴木晃仁(慶応義塾大学経済学部)
G-1 Gheel研究(その8)―精神科医バークレー=ヒルと英国植民地インド
    橋本 明(愛知県立大学文学部)
G-2 ジャストロー,ミュンスターバーグの日本における紹介
    安齋順子(明海大学外国語学部)
G-3 アメリカの脱施設化とその社会思想史的背景
    昼田源四郎(福島大学人間発達文化類)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。