スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『精神医学史研究』 Vol.21 no.1 (2017)  

2017年6月に発行された、『精神医学史研究』 Vol.21 no.1 (2017) の目次をお知らせします。 

タイトル 執筆者 頁

巻頭言

 理系とロマン主義 小林聡幸 3

第20回日本精神医学史学会

会長講演
 19 世紀ドイツの精神病院長たち 山岸 洋 5

特別講演Ⅰ
 病院から地域へ ─フランス・リールでの市民精神医学の経験─
                      Jean-Luc Roelandt三脇康生 10

特別講演Ⅱ
 心を病むことの体験と精神障害者処遇の歴史
  ─PSW の視点からみた精神医療史─ 篠原由利子 19

シンポジウム1 『精神病院』の興隆と衰退 ─精神障害者のための施設の歴史
 中世イスラーム社会における精神科医療 ─その発展を促した要因─ 松下正明 25
 19 世紀初頭プロイセンにおける精神病院と精神医学 山中浩司 31
 精神病院へと収斂するもの,しないもの
  ─近代日本の精神病者施設の多様性と地域性を考える─ 橋本 明 36

シンポジウム2 精神医学史の視点からDSM を診断する
 精神医学史の視点からDSM を診断する
  ─統合失調症について─ 三嶋 亮村井俊哉 43

第20回日本精神医学史学会印象記 清水健信松山航平松本卓也 48

学会ニュース

第20 回日本精神医学史学会総会報告 49
第21 回日本精神医学史学会/開催のお知らせ 51
第21 回日本精神医学史学会・一般演題の募集について 52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。