スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『精神医学史研究』 Vol.18 no.2 (2014)  

2014年10月に発行された、『精神医学史研究』 Vol.18 no.2 (2014) の目次をお知らせします。 

タイトル 執筆者 頁

巻頭言

現代精神医学のターニングポイント  古茶大樹 85

原著論文

古澤平作の学位論文「精神乖離症性幻視ニ就イテ」(昭和8年) 生田 孝 88
明治初期の精神障害者処遇の形成過程に関する一考察 板原和子 103
戦争末期及び敗戦直後における一公立精神病院入院患者の死亡について 小池清廉 113

多職種からみた精神医学史

精神医学ソーシャルワーカーからみた精神医学史 宇都宮みのり 119

連載 精神医学とミュージアム

西欧における精神医学博物館とその役割②    橋本 明 127

書評

鈴木國文著 『同時代の精神病理―ポリフォニーとしてのモダンをどう生きるか』 江口重幸 135
近藤祐著 『脳病院をめぐる人びと』 中村 治 136

学会ニュース

第18回日本精神医学史学会開催にあたって 138
第18回日本精神医学史学会参加のご案内 139

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。