スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第21回 日本精神医学史学会 プログラム 

プログラム1日目(11 月11 日 土曜日)

■ 8:55 ~9:00 大会長挨拶

■ 9:00 ~ 10:00 一般演題セッションA
座  長:大 前   晋(虎の門病院)

A-1 Kleine-Levin 症候群、前思春期周期性精神病、若年周期精神病の近接性について
黒 鳥 偉 作、阿 部 隆 明 
(自治医科大学精神医学教室、自治医科大学とちぎ子ども医療センター)

A-2 Schneider K はJaspers K の『Allgemeine Psychopathologie』をどう読んだか
工 藤 弘 毅(東京歯科大学市川総合病院精神科、慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室)
古 茶 大 樹(聖マリアンナ医科大学神経精神科学講座)                

A-3 ウジェーヌ・ミンコフスキーの同調性概念の射程Ⅰ──民族精神医学と根本的経験論
佐 藤   愛(立命館大学 言語教育センター)

■ 10:05 ~ 11:05 一般演題セッションB
座  長:須 田 史 朗(自治医科大学)

B-1 入院医療費支払区分別精神科特殊治療の比較
    ──国立武蔵療養所診療録・1956 年『在院精神障害者実態調査』個票を利用して──
後 藤 基 行(慶應義塾大学(PD)、国立精神・神経医療研究センター)

B-2 心理療法における心的イメージとしての「マンダラ」(3)
若 山 須賀子(児玉教育研究所 心理療法センター)

B-3 精神障害者の語りから、精神科における「身体療法」の意味を考える
永 井 義 雄(大阪府立大学現代社会システム科学研究科客員研究員)

■ 11:10 ~ 12:10 一般演題セッションC
座  長:鈴 木 國 文(松蔭病院、名古屋大学名誉教授)

C-1 英国の「内科全書」(1868) におけるモーズリーによる精神病(インサニティ)
    解説について
山 岸   洋(北野病院)

C-2 ミッシェル・フーコーのフィリップ・ピネル批判を巡って(Ⅳ)
高 橋   豊(中央大学)

C-3 J.Grasset(1849 ~ 1918)の業績について( そのⅡ )
小 泉   明(港北病院)

■ 12:10 ~ 13:20 昼休み

■ 13:20 ~ 14:20 会長講演
座  長:加 藤   敏(小山富士見台病院、自治医科大学名誉教授)
  小児精神医学の先駆者たち── H. Emminghaus とP. Moreau de Tours
阿 部 隆 明(自治医科大学とちぎ子ども医療センター)

■ 14:25 ~ 15:25 一般演題セッションD
座  長:内 海   健(東京藝術大学)

D-1 Hans Berger 脳波の100 年 ──その浮沈の歴史──
細 川   清(香川医科大学名誉教授、原尾島クリニック)

D-2 用語「精神医学」をめぐって
影 山 任 佐(郡山精神医療研究所顧問(東京工業大学名誉教授、昭和女子大学客員教授))

D-3 ホッヘ、A による『早発痴呆論』
松 下 正 明(東京大学名誉教授)

■ 15:30 ~ 18:00 シンポジウムⅠ 「精神分析運動の歴史」
座  長 松 本 卓 也(京都大学大学院人間・環境学研究科)

SⅠ-1 精神分析運動と女性性の問い
上 尾 真 道(滋賀県立大学非常勤講師)

SⅠ-2 トゥルケ報告、および精神分析運動におけるラカンの位置
ニコラ・タジャン(国立精神神経医療研究センター 成人精神保健研究部)

SⅠ-3 日本の精神分析運動について
西   見奈子(白亜オフィス)

SⅠ-4 ソビエト・ロシアの精神分析
国 分   充(東京学芸大学)

プログラム2日目(11 月12 日 日曜日)

■ 9:00 ~ 10:00 一般演題セッションE
座  長:北 垣   徹(西南学院大学)

E-1 「インパール作戦・敵前撤退命令を下した佐藤幸徳司令官への上層部の対応」の考察・・
精神鑑定命令時点における本人の手記を読み解く。
栗 本 藤 基(医療法人藤樹会 滋賀里病院)

E-2 フランス植民地医療におけるブリダ精神病院の位置
    20 世紀中葉アルジェ精神医学派の展開を中心に
松 本 智 憲、松 本 卓 也(京都大学大学院人間・環境学研究科)

E-3 英領ナイジェリアにおけるアサイラムと曖昧な植民地主義
落 合 雄 彦(龍谷大学法学部)

■ 10:05 ~ 11:05 一般演題セッションF
座  長:生 田   孝(聖隷浜松病院)

F-1 ジャック・ラカンの身体論の変遷──鏡像段階の生成からイメージなき身体へ──
山 﨑 雅 広(京都大学大学院人間・環境学研究科)

F-2 フロイトにおける言語への注目の成立とその展開
山 田 修 平、松 本 卓 也(京都大学大学院人間・環境学研究科)

F-3 ベルリン精神分析インスティテュート──その繁栄と実態──
藤 井 あゆみ(大阪大学CO デザインセンター)

■ 11:10 ~ 12:10 特別講演
座  長:阿 部 隆 明(自治医科大学とちぎ子ども医療センター)
    統計の考え方と日本の文化
永 井 良 三(自治医科大学学長)

■ 12:10 ~ 13:10 昼休み

■ 13:10 ~ 13:40 総会

■ 13:40 ~ 14:40 一般演題セッションG
座  長:古 茶 大 樹(聖マリアンナ医科大学)

G-1 日本の子育てをめぐる問題への対応についての歴史(4)
    ──平安時代(世俗文献から)──
中 山   浩(川崎市こども家庭センター 児童精神科)

G-2 沖縄精神医療史研究の再検討 公文書にみる精神病者
橋 本   明(愛知県立大学)

G-3 私宅監置論文発表100 年記念をまえに
岡 田 靖 雄(青柿舎(精神科医療史資料室))

■ 14:45 ~ 17:15 シンポジウムⅡ 「精神医学と優生思想」
座  長:鈴 木 晃 仁(慶應義塾大学)

SⅡ-1 優生学──ユートピアから絶滅へ──
中 谷 陽 二(筑波大学名誉教授、クボタクリニック)

SⅡ-2 精神医学史の中の優生学史
小 俣 和一郎(精神科医・精神医学史家)

SⅡ-3 優生学史と精神医学史
市野川 容 孝(東京大学)

SⅡ-4 文化精神医学史と優生学
大 塚 公一郎( 自治医科大学)

以上

スポンサーサイト

第21回 日本精神医学史学会 大会参加者へのご案内 

■Ⅰ.大会参加の皆様へ

1.大会参加受付
日 時:11 月11 日(土)8:30 ~ 11 月12 日(日)8:30 ~
場 所:自治医科大学医学部 教育・研究棟 1 階、講堂前ロビー

2.大会参加費
会 員: 9,000 円
非会員(医師): 10,000 円
非会員(医師以外): 5,000 円
学 生: 2,000 円
懇親会: 3,000 円
非会員、学生の参加費はプログラム・抄録代を含みます。
会期中はネームカードを胸に明示してください。

3.学会員の方は事前に郵送されているプログラム・抄録集をご持参ください
プログラム・抄録集:1 部1,000 円

4.日本精神医学史学会への入会について
日本精神医学史学会に入会希望の方は下記にご連絡ください。
日本精神医学史学会事務局
〒111-0054 東京都台東区鳥越2-13-8
Tel: 03-5809-1933 Fax: 03-5820-1898
E-mail: k-abe@lifemedicom.co.jp

5.専門医ポイント
日本精神神経学会専門医資格更新研修ポイントは2015 年11 月1 日より適用された新制度B 群となります。1 時間以上の講演会とシンポジウムが対象となり、2 日間で最大3 ポイントが取得できます。単位受付の際「日本精神神経学会会員カード」が必要になりますのでご持参ください。

■Ⅱ.懇親会について
大会参加者の交流の場として懇親会を下記の通り開催いたします。奮ってご参加ください。
日  時:11 月11 日(土)18:10 ~ 20:10
場  所:地域医療情報研修センター 1 階 レストラン西洋堂
懇親会費:3,000 円(大会参加受付時にお支払いください)

■Ⅲ.昼食について
附属病院の正面玄関左隣にあるJ プラザ(会場案内図参照)内の1 階にコンビニ、スターバックス、2 階に飲食店があります。また少し歩きますが、附属病院前の県道310 号線を挟んでJR 自治医大駅までの間にも、多くの飲食店があります。会場内では飲食はできませんので、休憩スペースをご利用ください。

■Ⅳ.会議・開催行事など
1.編集委員会:11 月10 日(金)17:30 ~ 19:00 地域医療情報研修センター2 階 第4 研修室
2.理事会:11 月10 日(金)19:00 ~ 20:30          〃       
3.評議員会:11 月11 日(土)12:20 ~ 13:20 医学部教育・研究棟1 階 会議室1
4.懇親会:11 月11 日(土)18:10 ~ 20:10 地域医療情報研修センター1 階 西洋堂
5.総会:11 月12 日(日)13:10 ~ 13:40 医学部教育・研究棟1 階 講堂

第20回日本精神医学史学会 大会 日程表・プログラム 

第20回日本精神医学史学会大会の日程表およびプログラムのお知らせです。

なお、以下の内容はここからもダウンロードできます。
表示されたURLをクリックして、ダウンロード画面に進んでください。



【日程表】

2016年11月11日(金)

17:30-19:00(90分)編集委員会(北野病院・きたのホール付設会議室)
19:00-20:30(90分)理事会(北野病院・きたのホール付設会議室)

2016年11月12日(土)

9:00-9:05(5分) 開会の辞
9:05-9:10(5分) 休憩
9:10-10:00(50分) 1A一般演題2題(きたのホール)、1B一般演題2題(第一会議室)
10:00-10:10(10分) 休憩
10:10-11:00(50分) 2A一般演題2題(きたのホール)、2B一般演題2題(第一会議室)
11:00-11:10(10分) 休憩
★11:10-12:10(60分)3A講演1(★きたのホール)
12:10-13:30(80分) 昼食休憩(12:20-13:20 評議員会)
13:30-14:45(75分) 4A一般演題3題(きたのホール)、4B一般演題3題(第一会議室)
14:45-14:55(10分) 休憩
★14:55-17:50(175分)5Aシンポジウム1(★きたのホール)(16:25-16:35は中休憩)
18:00-20:00 懇親会(北野病院5階)

2016年11月13日(日)

★9:10-10:10(60分) 6A一般演題2題(きたのホール)、6B講演2(★第一会議室)
10:10-10:20(10分) 休憩
10:20-11:10(50分) 7A一般演題2題(きたのホール)、7B一般演題2題(第一会議室)
11:10-11:20(10分) 休憩
★11:20-12:20(60分)8A会長講演(★きたのホール)
12:20-13:30(70分) 昼食休憩
13:30-14:00(30分) 総会
14:00-14:10(10分) 休憩
★14:10-16:10(120分)9Aシンポジウム2(★きたのホール)
16:10-16:20(10分) 休憩
16:20-17:35(75分) 10A一般演題3題(きたのホール)

【★は日本精神神経学会専門医ポイントの対象となる講演・シンポジウム】



【プログラム】

(【専】は専門医ポイント対象)

1日目【2016年11月12日(土)】
きたのホール会場

9:10-10:00 (プログラム1A)一般演題セッション
座長:生田 孝(聖隷浜松病院)
1A-1 
中山 浩 川崎市こども家庭センター 児童精神科 
日本の子育てをめぐる問題への対応についての歴史(3)――平安時代(仏教文献から)――
1A-2
岡安裕介 京都大学 人文科学研究所 
精神医学史研究における民俗精神医学の意義 ――狂気と水を巡る信仰を事例として――

10:10-11:00 (プログラム2A)一般演題セッション
座長:生田 孝(聖隷浜松病院)
2A-1
中村 治 大阪府立大学人間社会システム科学研究科
南方熊楠書簡から見た岩倉
2A-2 ⇒演題取り下げ
中村江里 一橋大学特任講師 
国府台陸軍病院における戦争神経症患者の疾病解釈と処遇――「神経衰弱」患者の病床日誌分析を中心に――

11:10-12:10 (プログラム3A)講演1(外国人特別講演)「フランス・リールにおける地域精神医療の新たなかたち」【専】
座長:鈴木國文(松蔭病院)
講演:Jean-Luc Roelandt(フランス・リール精神保健の研究・人材育成センター)
通訳等:三脇康生(仁愛大学)

13:30-14:45 (プログラム4A)一般演題セッション 
座長:新宮一成(奈良大学)
4A-1
後藤基行 慶應義塾大学(PD)、国立精神・神経医療研究センター
精神病床における医療費支払区分別在院期間の歴史的分析
4A-2
風野春樹 東京武蔵野病院
精神科医・式場隆三郎の戦後
4A-3
岡田靖雄 青柿舎(精神科医療史資料室)
生活療法とはなんだったのか――歴史における評価というもの――

14:55-17:50 (プログラム5A)シンポジウム1「『精神病院』の興隆と衰退――精神障害者のための施設の歴史」【専】
座長:北垣 徹(西南学院大学)
指定討論:江口重幸(東京武蔵野病院)
シンポジスト:松下正明(東京大学)、山中浩司(大阪大学)、松嶋 健(広島大学)、橋本 明(愛知県立大学)

-----------------------------------

1日目【2016年11月12日(土)】
第一会議室会場

9:10-10:00 (プログラム1B)一般演題セッション
座長:山岸 洋(北野病院)
1B-1
松山航平 京都大学教育学部、松本卓也 京都大学大学院人間・環境学研究科
恥の精神分析:現代ラカン派の理論的交点
1B-2
高橋豊 中央大学
ミッシェル・フーコのフィリップ・ピネル批判を巡って(Ⅲ)

10:10-11:00 (プログラム2B)一般演題セッション
座長:古茶大樹(聖マリアンナ大学)
2B-1
滝上紘之 桜ヶ丘記念病院・慶應義塾大学医学部精神神経科学教室
疾病分類における「疾患単位」と「疾病類型」再考
2B-2
大前晋 国家公務員共済組合連合会虎の門病院
「自然な疾患単位」論の起源と終焉

13:30-14:45 (プログラム4B)一般演題セッション
座長:大前 晋(虎の門病院)
4B-1
若山 須賀子 児玉教育研究所 心理療法センター
心理療法における心的イメージとしての「マンダラ」(2)
4B-2
植野 仙経 京都府立洛南病院
ドラペトマニア論文を紹介し、その疑似科学性について検討する
4B-3 ⇒演題取り下げ
吉川 順1)・細川 清1,2) 
1)医療法人杏山会 吉川記念病院 精神科 2)原尾島クリニック 心療内科
ヒステロ・エピレプシーの断層 Ⅱ

-----------------------------------

2日目【2016年11月13日(日)】
きたのホール会場

9:10-10:00 (プログラム6A)一般演題セッション
座長:高林陽展(清泉女子大学)
6A-1
小泉 明 港北病院
J. Grasset(1849〜1918)の業績について
6A-2
玉田 有 虎の門病院精神科
下田光造と森田正馬――執着性格の名称変更をめぐって――

10:20-11:10 (プログラム7A)一般演題セッション
座長:中谷陽二(筑波大学名誉教授)
7A-1
工藤弘毅1)・古茶大樹2) 
1)慶應義塾大学医学部精神神経科学教室・2)聖マリアンナ医科大学神経精神科学講座
Schneider KはSinngesetzlichkeit(意味合法則性)をどう考えたか
7A-2
松下 正明 東京大学名誉教授
1912年5月30日、キールにて ――ホッヘ、アルツハイマー、クライスト、ウルシュタイン、そしてクレペリン――

11:20-12:20 (プログラム8A)講演3(会長講演) 「19世紀ドイツの精神病院長たち」【専】
座長:濱田秀伯(おおてまちメンタルクリニック)
講演:山岸 洋(北野病院)

14:10-16:10 (プログラム9A)シンポジウム2 「精神医学史の視点からDSMを診断する」【専】
座長:阿部隆明(自治医科大学)
シンポジスト:神庭重信(九州大学)、村井俊哉(京都大学)、内海 健(東京藝術大学)

16:20-17:35 (プログラム10A)一般演題セッション
座長:中村 治(大阪府立大学)
10A-1
落合雄彦 龍谷大学法学部
植民地期の狂気――アフリカ植民地精神医学史研究のためのプロローグ――
10A-2
細川 清 原尾島クリニック・精神科
「癲」と「癇」の合流 ――取り残された誤謬と偏見――
10A-3
熊﨑 努  虎の門病院分院精神科
誤信念課題の形成とその問題点について

-----------------------------------

2日目【2016年11月13日(日)】
第一会議室会場

9:10-10:10 (プログラム6B)講演2 「心を病むことの体験と精神障害者処遇――PSWの視点からみた精神医療史」【専】
座長:村井俊哉(京都大学)
講演:篠原由利子(佛教大学)

10:20-11:10 (プログラム7B)一般演題セッション
座長:熊崎 努(虎の門病院)
7B-1
清水健信1)・松本卓也2) 
1)京都大学医学部医学科・2)京都大学人間・環境学研究科
木村敏のドゥルーズ的読解(1) ――「死の非人称性」――
7B-2
山﨑雅広 京都大学大学院人間・環境学研究科
ラカン派精神分析におけるポスト・エディプス時代の父性隠喩――禁止から不可能へ――

以上

第20回 日本精神医学史学会 チラシ 

第20回日本精神医学史学会のチラシが、以下のように出来上がりました。
この画面では見えにくい場合は、ここhttp://xfs.jp/Ebozf)にアクセスしてください。
表示されたURLをクリックして進み、チラシの pdf ファイルをダウンロードしてください。

dai20kai.jpg

第20回日本精神医学史学会の一般演題募集締切の延長  

第20回日本精神医学史学会の一般演題募集の締切を、9月20日(火)まで延長することなりました。
多数の演題をお待ちしています。

なお、「第20回 日本精神医学史学会 開催のお知らせ 」の内容の一部が更新されています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。