スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『精神医学史研究』 Vol.20 no.1 (2016)  

2016年6月に発行された、『精神医学史研究』 Vol.20 no.1 (2016) の目次をお知らせします。 

タイトル 執筆者 頁

巻頭言

 東北地方の精神医学史で私がやり残していると感じること 近藤 等 3

第19回日本精神医学史学会

特別講演
 Wernicke とその弟子たち―多彩な精神医学的認識の源流― 松下正明 5

メイン・シンポジウム 聖なるもの
 聖なるものの精神病理 濱田秀伯 10
 「聖なるもの」の奈辺 松田真理子 15
 「聖なるもの」・二つの相貌―バッハとモーツァルトの響きは語る― 丸山桂介 21
 ゴシックとは何か―地方から都市へ、聖なるものの流入― 酒井 健 26

シンポジウム 戦争と精神医学
 戦争神経症の「歴史」から「文化史」へ
  ―戦争と神経症はなぜ結びついたのか― 高林陽展 32
 戦争と精神疾患の「公務起因」をめぐる政治
  ―日本陸軍における戦争神経症と傷病恩給に関する考察を中心に― 中村江里 37
 戦争神経症と戦後の神経症―精神科医師の半世紀の経験から― 目黒克己 42

第19回日本精神医学史学会印象記 山岸 洋 47

学会ニュース

第19回日本精神医学史学会総会報告 48
第20回日本精神医学史学会/開催のお知らせ 50
第20回日本精神医学史学会・一般演題の募集について 51

スポンサーサイト

第20回 日本精神医学史学会 一般演題の募集について 

演題発表を希望される方は,下記の要領で発表要旨および必要書類をお送りください.
なお,発表要旨原稿は,テンプレート(MSWordファイル)をダウンロードしてご活用ください.(ダウンロードは、こちらから表示されたURLをクリックしてお進みください.)

発表要旨
1.A4 用紙1 枚に,MS-Word で下記内容を明記し印刷してください.
2.演題名,発表者名(共同発表の場合は発表者の前に〇印をつける),所属名(共同発表の場合,所属が異なる場合には,発表者名の後に数字を振り,それぞれの所属を記載する)の順にお書きください.
3.発表要旨本文は,10.5 ポイント,全角800文字以内におまとめください.
4.一般演題の発表時間は,口演20分,質疑応答5分の合計25分を予定しております.

申込方法
1.発表要旨原稿(プリントアウトしたもの)
2.『精神医学史研究』Vol.20 no.1 に綴じ込みの演題申込書,演題応募受領書,受理通知書に必要事項をご記入のうえ,必ず52円切手をお貼りください.
3.1 および2 をまとめて大会事務局(下記宛先)まで郵送してください.
4.これとは別に、発表要旨原稿のデータは,MS-Word の添付文書にして,第20回大会事務局宛(historyofpsychiatry2016@gmail.com)に E-mail でもお送りください.(従来どおり上記発表要旨原稿のデータを書き込んだCD-ROM をWindows で開けるようにして,上記1.2.と同封して送付していただいても結構です).

締切
2016年8月31日(水)

宛先
〒530-8480 大阪市北区扇町2-4-20
北野病院 神経精神科(山岸 洋)
第20回日本精神医学史学会大会事務局
(問い合わせ等)
TEL:06-6312-8824(北野病院医局)
FAX:06-6312-8867(北野病院医局)
E-mail: historyofpsychiatry2016@gmail.com

採否
一般演題の採否,発表の日時はプログラム委員会で決定します.
抄録集の統一をはかるために,要旨原稿の余白,活字等の体裁を整える場合があります,あらかじめご了承ください.

その他
発表者,共同演者ともに本学会の会員に限られます.入会ご希望の方は,学会事務局へお申し込みください.
日本精神医学史学会事務局
〒111-0054 東京都台東区鳥越2-13-8
Tel:03-5809-1933
Fax:03-5820-1898
E-mail:k-abe@lifemedicom.co.jp
ホームページURL:http://jshp.blog20.fc2.com/

第20回 日本精神医学史学会 開催のお知らせ 

大会長
山岸 洋(公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院 神経精神科)
会期
2016 年11月12日(土),13日(日)
会場
北野病院(大阪市北区扇町2丁目4 番20号)5 階 きたのホール
大会テーマ
歴史の視点と心の医療

シンポジウムおよび講演の予定

会長講演
山岸 洋(北野病院)「19世紀ドイツの精神病院長たち」
講演 1
Jean-Luc Roelandt 氏(フランス)
講演 2
篠原由利子氏(佛教大学,元北野病院PSW)
シンポジウム 1:「精神病院」の興隆と衰退─精神障害者のための施設の歴史
松下正明氏(本学会前理事長),松嶋健氏(広島大学),山中浩司氏(大阪大学),ほか
シンポジウム 2:精神医学史の視点からDSM を診断する
神庭重信氏(九州大学),村井俊哉氏(京都大学),ほか

参加費
会 員   9,000 円
非会員  10,000 円
学 生   3,000 円
懇親会費 3,000 円
※精神科専門医制度による研修単位申請予定です.

一般演題募集締切
2016年8月31日(水)
※発表者・共同演者ともに本学会員に限られます.

大会事務局
〒530-8480 大阪市北区扇町2丁目4番20号
北野病院 神経精神科
Tel:06-6312-8824(北野病院医局) 
Fax:06-6312-8867(北野病院医局)
山岸 洋, 波多腰桃子

学会事務局(入会お問い合わせ)
日本精神医学史学会事務局
〒111-0054 東京都台東区鳥越2-13-8 株式会社ライフメディコム内
Tel:03-5809-1933 
Fax:03-5820-1898 
E-mail:k-abe@lifemedicom.co.jp
担当者:阿部一美

『精神医学史研究』 Vol.19 no.2 (2015)  

2015年11月に発行された、『精神医学史研究』 Vol.19 no.2 (2015) の目次をお知らせします。 

タイトル 執筆者 頁

巻頭言

病院長たちの夢と挫折  山岸 洋 43

原著論文

 古澤平作のドイツ語訳「阿闍世コンプレックス」論文をめぐって  生田 孝 45

 Freud の欲動論から Klein の対象関係論への移行 
  ―「うつ」の精神分析的研究における対象概念の変遷を手掛かりに―   藤井あゆみ 61

 精神分析と民俗学・民族学との思想的交錯
  ―柳田国男の「無意識伝承」を中心に―  岡安裕介 71

多職種からみた精神医学史

 薬物療法の歴史から見えてきたもの  滝上紘之八木剛平 81

第19回 日本精神医学史学会 参加者へのご案内 

第19回 日本精神医学史学会 参加者へのご案内

会期:2015年11月7日(土)~11月8日(日)
会場:新宿パークタワー 東京都新宿区西新宿3-7-1

Ⅰ. 大会参加の皆様へ

1. 大会参加受付
  日時:11月7日(土)8:30~  11月8日(日)8:30~
  場所:会場フロア入り口

2. 大会参加費
  会 員:6,000円
  非会員:7000円
  学 生:1000円(学生身分証を提示してください)
  懇親会:3,000円
  ※会期中はネームカードを胸に明示してください。

3. 学会会員の方は事前に郵送されているプログラム・抄録集をご持参ください
  プログラム・抄録集:1部1,000円

4. 日本精神医学史学会への入会について
  日本精神医学史学会に入会希望の方は下記にご連絡ください。
  ■日本精神医学史学会事務局
  〒111-0054 東京都台東区鳥越2-13-8
  TEL:03-5809-1933 FAX:03-5820-1898
  E-mail:k-abe@lifemedicom.co.jp

5. 専門医ポイント
  日本精神神経学会専門医資格更新研修ポイントは11月1日より新制度が適用されます。本学会のポイントは新制度のB群になります。ポイントがつくのは講演のみで、1日目の特別講演と2日目の講演のそれぞれ1ポイント、すべて参加して合計2ポイントとなります。それぞれ登録が必要になりますので、1日目、2日目ともにご来場時に登録してください。退出時の登録は必要ありません。

Ⅱ. 懇親会について   
   大会参加者の交流の場として懇親会を下記の通り開催いたします。
   日時:11月7日(土)18:10~20:00
   場所:会場フロア内
   懇親会費:3,000(大会参加受付時にお支払いください)

Ⅲ. 昼食について
   新宿パーク・タワーの地下レストラン街(B1F)をご利用ください。コンビニもあります。会場内での飲食もできます。

Ⅳ. 会議・関連行事など(すべて会場フロア)
   1 .編集委員会 :11月6日(金)17:30~19:00
   2. 理 事 会 :11月6日(金)19:00~20:30
   3. 評 議 員 会:11月7日(土)11:50~13:00
   4. 総 会:11月7日(土)13:00~13:30
   5. 懇 親 会 :11月7日(土)18:10~20:00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。